ちょっとためになる雑学HOME|数・数字・雑学

正午は午前か午後かどちら・雑学|ちょっとためになる雑学

なぜ?不思議?気になる疑問をここで解明!
知ってしまうと誰かにしゃべりたくなるかも・・・!?

数・数字

1 正午は午前か午後かどちら

明治5年に出された日時に関する「太制官布告」という法律では、夜中の12時は、 1日の時間経過を表す時刻表の始点と規定されています。こうなるとお昼の12時は「午後」ということになりますが、 「太制官布告」では、お昼の12時を「午前12時」と表記しています。 つまり、法律上は昼間の12時ジャストはまだ午前ということになります。

2 電車の定員はどうやって決めるのか

ふつうの通勤電車の場合、基準となるのは座席数と吊り革の数です。 吊り革は1人1つ、ドア近くのつかまり棒は1人1本、左右のドア中央にも1人が立つものとして計算します。 長距離列車の場合は座席数=定員になります。

3 O−157とはどういう意味か

かつて日本で猛威をふるった「O-157」は大腸菌の一種が悪玉菌と結びついて変異したものです。 大腸菌には「O抗原」と「H抗原」があり、その「O抗原」のひとつが変異して生まれた157番目の大腸菌が「O-157」なのです。 この菌の恐ろしいところは、ペロ毒素という毒素を合成することで、人間の腸内で急速に増殖しペロ毒素が腸皮を傷つけることです。 そして腎臓にも傷つけて尿による老廃物の排泄ができなくなるようにします。症状が悪化すると死に至ることはいうまでもありません。

4 国道の号数はどうやって決めるのか

国道には1桁から3桁の番号がつけられています。 国道には2種類あって、ひとつは1級国道といわれていた主要幹線道路で1号〜57号までの番号がつけられています。 もうひとつはかつての2級国道で、新設の国道と都道府県に管理を委託されているものがあります。 これらには101号から3桁の番号がつけられていて、北から南へとふられています。

5 7月20日が「海の日」になったわけ

平成8年から7月20日が「海の日」として祝日になったのですが、これは海運、海事業界の宿願だったといいます。 もともと、この日を海運、海事業界では「海の記念日」として祝ってきました。 明治9年7月20日に明治天皇が東北巡幸から横浜港に無事到着され、その無事を祝って海に感謝したことから始まったのです。

6 飛行機の出発時間はどの瞬間をいうのか

飛行機の出発時間、到着時間はブロック・タイムによって決められます。 ブロック・タイムとは、車輪がまわりはじめて、飛行機が地上を動き出してから、再び着陸して地上に停止するまでの時間をいいます。 したがって、出発時刻とは飛行機の車輪が動き始めたときということになります。

7 100円ライターは何回くらい使用できるのか

実験によると、100円ライターは14時間で、点火回数は1352回になったといいます。 タバコでいえば20本入りで67.5箱、単純に計算すると1日1箱吸う人なら、2ケ月余り使えるということになります。

8 東京タワーはなぜ333メートルに決められたのか

東京タワーが完成したのは昭和33年12月23日のことです。 この高さに設計されたのは、フランスのエッフェル塔を越えたいという一心で建築されたといいます。

9 ご祝儀の金額はなぜ奇数がよいのか

結婚祝いでは偶数は「割れる」に通じるため敬遠されます。 そのため、 2万円を包む場合は1万円札と5千円札を2枚の計3枚にするのが礼儀になっています。 また、地方によっては2万円のご祝儀を包む際、5円玉を足して2万5円とし、 「ご縁」が通じるよう偶数を打ち消すところもあるようです。

10 「0」は奇数か偶数か

偶数は「2」で割り切れる整数、奇数は「2」で割り切れない整数をいいます。 小学校では2の倍数と0を偶数、偶数より1多い数を奇数と教えています。したがって、「0」は偶数になります。

11 タラバガニはなぜ全部入れて8本なのか

カニの足はふつう8本で、ハサミを入れると10本になります。 しかし、タラバガニは足とハサミを入れても8本しかありません。 これは、カニの種類ではなくてヤドカリの仲間になるためです。 ただし、このカニの甲羅の中を見ると小さな足が2本あることがわかります。 これはエラの掃除などに役立っているということです。

12 心臓は一生に何回動くか

心臓は成人の場合、1分間に70〜75回拍動します。 仮に1分間に70回拍動すると、1時間で4200回、1日で10万800回、1年で3700万回弱、一生を80年とすると、 29億回以上も心臓は拍動することになります。