トタンとブリキのちがいは・雑学|いろいろ雑学

なぜ?不思議?気になる疑問をここで解明!
知ってしまうと誰かにしゃべりたくなるかも・・・!?

道具

1 トタンとブリキのちがいは

トタン鉄板亜鉛をメッキしたもので、ブリキは鉄板にスズをメッキしたものをいいます。 トタンは価格が安く物置の屋根や塀などに使われています。一方、ブリキは毒性がないため、 コストは高くなりますが缶詰によく利用されています。昔はおもちゃによく使用されていました。

2 なぜ障子は雨の日に張るといいのか

紙には湿気を吸うと伸び、乾くと縮む性質があります。 湿度の高い雨の日に紙は多くの湿気を含んで伸びています。 このときに障子の張り替えをすると、後日、紙が乾いて縮んだときにはいい張り具合になるというわけです。

3 線路にはなぜ継ぎ目があるのか

レールの材料は鉄でできています。鉄は温度差によって伸び縮みをする性質を持っています。 炎天下に鉄は延びようとする働きをします。継ぎ目に隙間がないと伸びたレールはグニャリと曲がってしまいます。 つまり、レールの継ぎ目は加熱されたときに自由に伸びられるための余裕なのです。

4 ゴルフボールの凹凸はなぜあるのか

ゴルフボールにはたくさんのへこみがあります。これをディンプルと呼ばれていますが、実はこれが飛距離に大きく影響しているのです。 このディンプルは空気の抵抗を減らす効果を持っていて、空気の流れを揚力に変える働きがあるのです。 表面のなめらかなボールとディンプルのあるボールとでは飛距離が3倍以上も違うといいます。

5 爪楊枝のくびれはなんのためにあるか

つまようじの「くびれ」は、その部分を折って箸置きのように使うという説もありますがこれはウソです。 製造メーカーによれば、あの「くびれ」は単なる飾りにすぎないようです。 わざわざ細かい飾りをつける理由は、日本の技術の優秀性を証明するためです。 これらの爪楊枝は高級品として輸出されているようです。

6 最近和式トイレが減っている理由は

新築やリフォームをしたときなどトイレは洋式が多くなっています。 和式トイレは膝や腰、肛門への負担が大きくなります。昔から日本人には痔が多いのは和式トイレのせいだともいわれています。 洋式トイレはからだの負担がはるかに少ないといえます。

7 洋式トイレの便座にはO型とU型があるのはなぜ

洋式トイレが西洋から輸入されたときは、すでにO型とU型があったといいます。 一説によるとU型は男性用、O型は女性用に作られたという説があります。 男性がO型の便座に腰掛けた場合、オチンチンが便座にあたってしまうので、 先が切れているU型が男性用になったというわけですが正しいかどうかは分かっていません。