ことわざ◆諺◆百科★百科HOME > た行>鳶に油揚げをさらわれる

こちらから検索できます↓

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。 ことわざを積極的に使うと、話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。 皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

鳶に油揚げをさらわれる

《読み方》
とんびにあぶらあげをさらわれる


《意味》
大切にしているものを横取りされてあっけにとられること

ちょっとおもしろ言葉のおこり

“どじをふむ”
昔、相撲では土俵の外に足を出して負けることを「土地を踏む」といった
「土地」がなまって「どじ」になり「どじょをふむ」は失敗する、ヘマをするなどに使われる

まちがえやすいことわざ
 蟻のはい入るすきもない
 蟻のはい出るすきもない

 一瞬先は闇
 一寸先は闇

 枯れ木ものにぎわい
 枯れ木ものにぎわい 

 口先三寸
 舌先三寸

 出るは打たれる
 出るは打たれる

 飛ぶ鳥あとをにごさず
 立つ鳥あとをにごさず

 ぬかみそに釘
 ぬかに釘

 焼けぼっくりに火がついた
 焼けぼっくいに火がつく

峠を越す   唐人の寝言    灯台もと暗し   同病相憐む   遠い親戚より近くの他人    遠きを知りて近くを知らず  時は金なり  読書百篇義自ずから現る   毒にも薬にもならず   どこ吹く風   年寄りの冷や水    とどのつまり   隣の花は赤い   鳶が鷹を生む    鳶に油揚げをさらわれる  虎に翼  とらぬ狸の皮算用   虎の威をかる狐  虎の尾をふむ   虎の子    泥を吐く   どんぐりの背くらべ   飛んで火にいる夏の虫

(23)

50音別メニュー