ことわざ◆諺◆百科★百科HOME > た行>棚からぼたもち

スポンサードリンク

こちらから検索できます↓

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。 ことわざを積極的に使うと、話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。 皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

棚からぼたもち

《読み方》
たなからぼたもち


《意味》
思いがけない幸運に恵まれること


《使い方》
棚からぼたもちでばく大な財産が転がり込んだ

ちょっとおもしろ言葉のおこり

“大根役者
大根は生でも、煮て食べても絶対に食あたりしないことから、どんな芸をやってもあたったためしがない  下手な役者のことを「大根役者」という

まちがえやすいことわざ
 蟻のはい入るすきもない
 蟻のはい出るすきもない

 一瞬先は闇
 一寸先は闇

 枯れ木ものにぎわい
 枯れ木ものにぎわい 

 口先三寸
 舌先三寸

 出るは打たれる
 出るは打たれる

 飛ぶ鳥あとをにごさず
 立つ鳥あとをにごさず

 ぬかみそに釘
 ぬかに釘

 焼けぼっくりに火がついた
 焼けぼっくいに火がつく

大海の一滴   大海を手でふさぐ    対岸の火事    大工の掘立   太鼓判をおす    鯛の尾よりいわしの頭   大は小をかねる   高嶺の花    高みの見物   宝の持ち腐れ   高をくくる   竹屋の火事  竹を割ったよう  出しに使う   叩けばほこりが出る  立つ瀬がない   立つ鳥後を濁さず    立て板に水   伊達の薄着   縦のものを横にもしない   盾をつく   棚からぼたもち  棚に上げる   他人の空似  他人の飯を食う  狸寝入り   旅の恥は掻き捨て   旅は道連れ世は情け   駄目をおす    短気は損気   断金の交わり   断腸

(32)

50音別メニュー