ことわざ◆諺◆百科★百科HOME > さ行>さわらぬ神にたたりなし

スポンサードリンク

こちらから検索できます↓

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。 ことわざを積極的に使うと、話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。 皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

さわらぬ神にたたりなし

《読み方》
さわらぬかみにたたりなし


《意味》
ものごとにかかわらなければ、害を受けることもないということ


《使い方》
今日の課長は機嫌が悪いから、さわらぬ神にたたりなしで近づかないほうがいい

ちょっとおもしろ言葉のおこり

“さばを読む
昔、魚市場のことを「いさば」といった
魚市場で魚を数えるとき 鮮やかな手つきで 早口で言いながら 目にもとまらぬ早さで箱に魚を投げ入れる
しかし後で数え直してみると うまくごまかされていることが多く、これから数をごまかすことを 「さばを読む」というようになった

まちがえやすいことわざ
 蟻のはい入るすきもない
 蟻のはい出るすきもない

 一瞬先は闇
 一寸先は闇

 枯れ木ものにぎわい
 枯れ木ものにぎわい 

 口先三寸
 舌先三寸

 出るは打たれる
 出るは打たれる

 飛ぶ鳥あとをにごさず
 立つ鳥あとをにごさず

 ぬかみそに釘
 ぬかに釘

 焼けぼっくりに火がついた
 焼けぼっくいに火がつく

歳月人を待たず   先だつものは金    先んずれば人を制す  酒に飲まれる   さじを投げる   鯖を読む  猿に木登り  猿も木から落ちる    去る者は日々にうとし  さわらぬ神にたたりなし  山椒は小粒でもぴりりと辛い    三度目の正直   三人寄れば文殊の知恵   三拍子揃う

(14)

50音別メニュー