ことわざ◆諺◆百科★百科HOME > な行>二兎追うものは一兎をも得ず

スポンサードリンク

こちらから検索できます↓

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。 ことわざを積極的に使うと、話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。 皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

二兎追うものは一兎をも得ず

《読み方》
にとおうものはいっとをもえず


《意味》
同時に二つのものをしようとすると、どちらも成功せずだめになってしまうこと


《使い方》
二兎追うものは一兎をも得ずというが、彼は店を二つともつぶしたそうだ

世界の名言

“美しい女にはやがて飽きがくる。善良は女には永久に飽きがこない”
姿形の美しさは年齢とともに衰え飽きられる
しかし、心が善良な美しさは、年齢を経ても変わることがないので飽きがくることはない

まちがえやすいことわざ
 蟻のはい入るすきもない
 蟻のはい出るすきもない

 一瞬先は闇
 一寸先は闇

 枯れ木ものにぎわい
 枯れ木ものにぎわい 

 口先三寸
 舌先三寸

 出るは打たれる
 出るは打たれる

 飛ぶ鳥あとをにごさず
 立つ鳥あとをにごさず

 ぬかみそに釘
 ぬかに釘

 焼けぼっくりに火がついた
 焼けぼっくいに火がつく

二階から目薬   逃がした魚は大きい    逃げるが勝ち   憎まれっ子世にはばかる   錦を着て郷にかえる    西と言ったら東と悟れ   西も東も分からない   二束三文    二束のわらじを履く    似たもの夫婦   似ても焼いても食えぬ   二度あることは三度ある   二度教えて一度叱れ  二度聞いて一度もの言え   二兎追うものは一兎をも得ず  二の足を踏む   二の舞を演じる    二枚舌を使う   女房と畳は新しい方がよい   人間の皮をかぶる    人参飲んで首くくる

(21)

50音別メニュー