ことわざ◆諺◆百科〜HOME | 諺〜あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言、慣用句が数多くあると思います。 短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。ことわざを積極的に使うと、 話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

内助の功      無い袖は振れぬ      長いものには巻かれろ      長口上はあくびの種      泣かず飛ばず泣かぬほたるが身をこがす      流れにさおさす      泣き面に蜂      泣く子は育つ      なくて七癖あって四十八癖      鳴く猫はねずみを捕らぬ      仲人七嘘      情けが仇      情けは人のためならず      なしのつぶて      七転び八起き      生木を裂く      生兵法は大けがのもと      波風が立つ      波に乗る      なめくじに塩      習うより慣れよ      習わぬ経は読めぬ      生る木は花からちがう      何でも来いに名人なし
(25)

諺〜        

二階から目薬      逃がした魚は大きい      逃げるが勝ち      憎まれっ子世にはばかる      錦を着て郷にかえる      西と言ったら東と悟れ      西も東も分からない      二束三文      二束のわらじを履く       似たもの夫婦      似ても焼いても食えぬ      二度あることは三度ある      二度教えて一度叱れ      二度聞いて一度もの言え      二兎追うものは一兎をも得ず      二の足を踏む      二の舞を演じる      二枚舌を使う      女房と畳は新しい方がよい      人間の皮をかぶる      人参飲んで首くくる
(21)

諺〜        

ぬかに釘      盗人が盗人に盗まれる      盗人に追い銭      盗人の昼寝      盗人を見て縄をなう      濡れ衣を着る      濡れ手に粟      濡れぬ先の傘      濡れ鼠
(9)

諺〜        

願ったり叶ったり      根がなくても花は咲く      猫かぶり      猫なで声      猫にかつおぶし      猫に小判      猫の手も借りたい      猫の額      猫の前のねずみ      猫の目のよう      猫は虎の心を知らず      猫ばばを決め込む      猫も杓子も      猫もまたいで通る      ねじを巻く      寝た子を起こす      根堀り葉堀り      寝耳に水      根も葉もない      寝る子は育つ      念には念を入れよ
(21)

諺〜        

能ある鷹は爪を隠す      能なし犬は昼吠える      能なしの口たたき       残り物には福がある      のどから手が出る      のど元すぎれば熱さ忘れる      のみの夫婦       乗りかかった船      乗るか反るか      のれんに腕押し      のれんを分ける
(11)

諺〜        

諺〜あ行

青菜に塩・・・/言いたいことは明日言え・・・/魚心あれば水心・・・/得手に帆をあげる・・・/老いては子に従え・・・

        

諺〜か行

火事後の釘拾い・・・/聞いて極楽見て地獄・・・/釘付けになる・・・/芸は身を助く・・・/鯉の滝登り・・・

        

諺〜さ行

歳月人を待たず・・・/四角な座敷を丸く掃く・・・/炊臼の夢・・・/せいては事をしそんじる・・・/そうは問屋がおろさぬ・・・

        

諺〜た行

大海の一滴・・・/知恵と力は重荷にならぬ・・・/杖にすがるとも人にすがるな・・・/手があく・・・/峠を越す・・・

        

諺〜な行

内助の功・・・/二階から目薬・・・/ぬかに釘・・・/願ったり叶ったり・・・/残り物には福がある・・・

        

諺〜は行

背水の陣・・・/日暮れて途遠し・・・/笛吹けど踊らず・・・/へそが茶を沸かす・・・/坊主の花かんざし・・・

        

諺〜ま行

魔がさす・・・/ミイラ取りがミイラになる・・・/向かうところ敵なし・・・/名馬にくせあり・・・/餅は餅屋・・・

        

諺〜や行

八百長・・・/憂愁の美・・・/欲と二人づれ・・・

    

諺〜ら行

来年のことを言えば鬼が笑う・・・/理屈と膏薬はどこへでもつく・・・/類は友を呼ぶ・・・/礼も過ぎれば無礼になる・・・/労多くして功少なし・・・

        

諺〜わ行

若い時の辛労は買ってもせよ・・・

いろはがるた(江戸)

いろはがるた(京都)

いろはがるた(大阪)

四字熟語

いろいろ雑学

スポンサーリンク