ことわざ◆諺◆百科〜HOME | 諺〜あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言、慣用句が数多くあると思います。 短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。ことわざを積極的に使うと、 話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

魔がさす      まかぬ種は生えぬ      枕を高くして寝る      幕を切って落とす      負け惜しみの減らず口      負けるが勝ち      馬子にも衣装      枡で量って箕でこぼす     待てば海路の日和あり      的を射る      まな板の鯉      眉が曇る      眉が晴れる      眉に唾をつける      真綿で首を絞める      眉をひそめる      眉を開く      眉を寄せる      満を持す
(19)

諺〜        

ミイラ取りがミイラになる      見かけばかりで空大名      身から出た錆      右の耳から左の耳     神輿を上げる      神輿をすえる      水入らず      水掛け論      水際立つ      水と油      水に流す      水の泡となる      水を打ったよう      水をさす      水を向ける      味噌も糞も一緒     三日見ぬ間の桜      三つ子の魂百まで      身の毛がよだつ      耳が痛い      耳が遠い      耳が早い      耳に入れる      耳に逆らう      耳にする      耳にたこができる      耳に入る      耳を疑う      耳を貸す      耳を傾ける       耳をくすぐる      耳を澄ます      耳をそろえる      耳をふさぐ      身もふたもない      身を粉にする
(36)

諺〜        

向かうところ敵なし      昔とったきねづか      虫がいい      虫が知らせる      虫が好かない      むしずが走る      虫の息      虫の居どころが悪い       虫も殺さぬ      胸が痛む      胸がいっぱいになる      胸がさわぐ      胸がすく      胸がつぶれる      胸三寸に納める      胸に一物      胸に浮かぶ      胸に刻む      胸に釘      胸に迫る     胸に手をあてる      胸を痛める      胸を打つ      胸を躍らせる      胸を焦がす      胸をさする      胸を突かれる       胸をときめかす      胸を割る      無用の長物      無理が通れば道理が引っ込む
(31)

諺〜        

名馬にくせあり      名物にうまい物なし      目が利く      目が肥える      目がない      眼鏡にかなう      目から入って耳から抜ける      目から鼻へ抜ける      目くそ鼻くそを笑う      目白押し      目の上のこぶ      目で殺す      目と鼻の間      目にあまる      目に入れても痛くない      目に物見せる      目の敵にする      目の正月      目の前が暗くなる      目は口ほどにものを言う      目は心の鏡      目引き袖引き      目星をつける      目もくれない      目を疑う       目を奪う      目をかける      目を凝らす      目を皿にする      目を盗む      目を細める      目を丸くする      目をむく
(33)

諺〜        

餅は餅屋      元のさやに収まる      元の木阿弥      物は考えよう      物は相談      物は試し      物も言いようで角が立つ      桃栗三年柿八年      もろはの剣
(9)

諺〜        

諺〜あ行

青菜に塩・・・/言いたいことは明日言え・・・/魚心あれば水心・・・/得手に帆をあげる・・・/老いては子に従え・・・

        

諺〜か行

火事後の釘拾い・・・/聞いて極楽見て地獄・・・/釘付けになる・・・/芸は身を助く・・・/鯉の滝登り・・・

        

諺〜さ行

歳月人を待たず・・・/四角な座敷を丸く掃く・・・/炊臼の夢・・・/せいては事をしそんじる・・・/そうは問屋がおろさぬ・・・

        

諺〜た行

大海の一滴・・・/知恵と力は重荷にならぬ・・・/杖にすがるとも人にすがるな・・・/手があく・・・/峠を越す・・・

        

諺〜な行

内助の功・・・/二階から目薬・・・/ぬかに釘・・・/願ったり叶ったり・・・/残り物には福がある・・・

        

諺〜は行

背水の陣・・・/日暮れて途遠し・・・/笛吹けど踊らず・・・/へそが茶を沸かす・・・/坊主の花かんざし・・・

        

諺〜ま行

魔がさす・・・/ミイラ取りがミイラになる・・・/向かうところ敵なし・・・/名馬にくせあり・・・/餅は餅屋・・・

        

諺〜や行

八百長・・・/憂愁の美・・・/欲と二人づれ・・・

    

諺〜ら行

来年のことを言えば鬼が笑う・・・/理屈と膏薬はどこへでもつく・・・/類は友を呼ぶ・・・/礼も過ぎれば無礼になる・・・/労多くして功少なし・・・

        

諺〜わ行

若い時の辛労は買ってもせよ・・・

いろはがるた(江戸)

いろはがるた(京都)

いろはがるた(大阪)

いろいろ雑学

四字熟語

いろいろ雑学

スポンサーリンク