ことわざ◆諺◆百科★百科HOME > あ行>いずれ菖蒲か杜若

こちらから検索できます↓

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。 ことわざを積極的に使うと、話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。 皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

いずれ菖蒲か杜若

《読み方》
いずれあやめかかきつばた


《意味》
どちらも優れていて選び迷うこと


《使い方》
いずれ菖蒲か杜若、きれいな三姉妹ですね

ちょっとおもしろ言葉のおこり

“いかさま
江戸時代の武士の言葉で「如何様 さようでござる」からおこったもの
「如何様 さようでござる」と相手を信用させておいて、 上手にごまかしてしまうことから「この いかさまやろう!」と ののしられるようになった

まちがえやすいことわざ
 蟻のはい入るすきもない
 蟻のはい出るすきもない

 一瞬先は闇
 一寸先は闇

 枯れ木ものにぎわい
 枯れ木ものにぎわい 

 口先三寸
 舌先三寸

 出るは打たれる
 出るは打たれる

 飛ぶ鳥あとをにごさず
 立つ鳥あとをにごさず

 ぬかみそに釘
 ぬかに釘

 焼けぼっくりに火がついた
 焼けぼっくいに火がつく

言いたいことは明日言え    言うなり地蔵    言うは易く行なうはかたし   いが栗も内から割れる  怒りは敵と思え    怒りを遷さず   怒れるこぶし笑顔にあたらず   生き馬の目をぬく   行きがけの駄賃   息の根を止める   生け簀の鯉  石うすを箸にさす  石に灸   石に立つ矢   石の上にも三年   石橋をたたいて渡る   医者の薬もさじ加減   医者の不養生   いずれ菖蒲か杜若    急がば回れ   痛くも無い腹を探られる    鼬ごっこ   板につく   板ばさみになる    至れり尽くせり   一押し二金三男   一事が万事     一日千秋の思い   一難去ってまた一難   一年の計は元旦にあり    一の裏は六   一翼をになう   一を聞いて十を知る  一寸先は闇    一寸の虫にも五分の魂   一石二鳥   一石を投じる    一線を画す   一杯食う  糸を引く    犬の遠吠え   犬に論語   犬も歩けば棒に当たる    命あっての物種   命の洗濯   井の中の蛙大海を知らず     芋を洗うよう   言わぬが花


(48)

50音別メニュー