ことわざ◆諺◆百科★百科HOME > は行>淵に雨

スポンサードリンク

こちらから検索できます↓

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。 ことわざを積極的に使うと、話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。 皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

淵に雨

《読み方》
ふちにあめ


《意味》
少しくらい増やしても効果がないこと

ちょっとおもしろ言葉のおこり

“ふにおちない
腑(ふ)とは臓腑のこと
昔の人は腑(はらわた)に思いや考えが宿ると考えたので 「腑」は 「こころ」を意味するようになった
だから 「ふにおちない」とは 食べた物が胃におさまらないような、 気持ちの解決がつかない、合点がいかない、納得できない などに使われている

まちがえやすいことわざ
 蟻のはい入るすきもない
 蟻のはい出るすきもない

 一瞬先は闇
 一寸先は闇

 枯れ木ものにぎわい
 枯れ木ものにぎわい 

 口先三寸
 舌先三寸

 出るは打たれる
 出るは打たれる

 飛ぶ鳥あとをにごさず
 立つ鳥あとをにごさず

 ぬかみそに釘
 ぬかに釘

 焼けぼっくりに火がついた
 焼けぼっくいに火がつく

笛吹けども踊らず 吹く風枝を鳴らさず  ふぐにもあたれば鯛にもあたる 袋のねずみ 豚に真珠   豚に念仏猫に経  淵に雨  ふちゅうの魚   ふところを叩く  船は船頭に任せよ  船を漕ぐ   冬の雪売り   篩にかける   古傷は痛みやすい    踏ん切りがつく   分相応に風が吹く


(16)

50音別メニュー