ことわざ◆諺◆百科〜HOME | 諺〜あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言、慣用句が数多くあると思います。 短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。ことわざを積極的に使うと、 話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

愛想もこそも尽き果てる     開いた口がふさがらない     開いた口へぼた餅     相づちを打つ     相手変われど主変わらず     相手のない喧嘩はできぬ     会うは別れの始め     青筋を立てる     青菜に塩     青葉は目の薬     赤子の手をひねる     垢も身のうち     秋風が立つ     空きだるは音が高い     商い三年    商い上手の仕入れ下手     商いは牛のよだれ     秋なすび嫁に食わすな     秋の日はつるべ落とし     あきらめはこころの養生     商人とびょうぶは直ぐには立たぬ     商人の空誓文     商人の元値     商人は損していつか倉が建つ     悪妻は百年の不作     悪事千里を走る     悪女の深情け     悪銭身につかず     悪に強ければ善にも強い      あげ足を取る     あげくの果て     開けて悔しき玉手箱     あこぎが浦に引く網   あごが落ちる      あごが干あがる      あごで使う      あごを出す      あごをなでる      あごを外す     浅い川も深く渡れ      朝駆けの駄賃      朝寝八石の損      朝日が西から出る     足がある    足がつく      足が地に付かない      足が出る      足が遠のく     足が途絶える     足がはやい     足が棒になる      足が向く      明日は明日の風が吹く      あした夕べに及ばず      足に任せる      足もとから鳥が立つ     足もとから火がつく      足もとに火がつく      足もとを見る      明日の百より今日の五十      足を洗う      足を奪われる      足を延ばす     足を運ぶ      足を引っ張る      東男に京女     当たって砕けよ      徒花に実は生らぬ      頭が上がらない      頭が痛い      頭が切れる   頭かくして尻かくさず       頭が下がる      頭が低い      頭そるより心をそれ     頭に入れる      頭に置く      頭に来る      頭に湯気を立てる      頭の上のはえを追え      仇も情けも我が身より出る      頭を抑える      頭を抱える      頭を切り換える      頭を切る      頭を出す      頭をひねる     頭を冷やす      頭をほぐす      頭を丸める      頭をもたげる      新しい酒は新しい革袋に盛れ      当たるも八卦当たらぬも八卦      あちら立てればこちらが立たぬ      暑さ忘れて陰忘る      当てごとは向こうから外れる      後足で砂をかける      後のかりが先になる      後の祭り      後は野となれ山となれ      穴が開く      穴があれば入りたい      あばたもえくぼ      あひるが文庫を背負う      危ない橋を渡る       脂が乗る       油を売る       油をしぼる       雨だれ石をうがつ       天のじゃく       雨ふって地かたまる       ありの穴からつつみもくずれる      あるとき払いの催促なし      あわてる乞食はもらいが少ない      案ずるより産むがやすい   
(115)

諺〜        

言いたいことは明日言え      言うなり地蔵      言うは易く行なうはかたし      いが栗も内から割れる      怒りは敵と思え      怒りを遷さず      怒れるこぶし笑顔にあたらず      生き馬の目をぬく      行きがけの駄賃      息の根を止める      生け簀の鯉       石うすを箸にさす      石に灸      石に立つ矢      石の上にも三年      石橋をたたいて渡る      医者の薬もさじ加減       医者の不養生       いずれ菖蒲か杜若     急がば回れ      痛くも無い腹を探られる      鼬ごっこ      板につく      板ばさみになる     至れり尽くせり      一押し二金三男      一事が万事       一日千秋の思い      一難去ってまた一難     一年の計は元旦にあり      一の裏は六      一翼をになう       一を聞いて十を知る     一寸先は闇     一寸の虫にも五分の魂      一石二鳥      一石を投じる      一線を画す      一杯食う      糸を引く     犬の遠吠え      犬に論語      犬も歩けば棒に当たる      命あっての物種      命の洗濯      井の中の蛙大海を知らず      芋を洗うよう      言わぬが花
(48)

諺〜        

魚心あれば水心      浮き足立つ      烏合の衆      雨後の筍      牛に引かれて善光寺詣り      後ろ髪を引かれる      後ろ指をさされる       うそから出た実      嘘つきは泥棒の始まり      うそも方便     うだつが上がらぬ      打たれても親の杖     腕が上がる      腕がなる      腕を買う      腕を振るう     腕を磨く      内弁慶に外地蔵      鵜のまねする烏      うどの大木      うなぎの寝床      鵜の目鷹の目      旨いものは宵に食え      馬が合う      馬の耳に念仏      馬も買わずに鞍を買う      梅にうぐいす      裏目に出る      裏をかく      瓜ふたつ      うわさをすれば影がさす      雲泥の差 
(32)

諺〜        

得手に帆をあげる      絵にかいた餅      えびで鯛をつる      選んで粕をつかむ      縁起をかつぐ      縁の下の力持ち 
(6)

諺〜        

老いては子に従え      老いの一徹      大船に乗る      大目玉を食う      大目にみる       奥歯に物が挟まる     おくびにも出さない      お茶をにごす      男心と秋の空      同じ釜の飯を食う      鬼に金棒      鬼のいぬまに洗濯      鬼の目にも涙      己の頭のはえを追え      十八番      お鉢が回る      帯に短したすきに長し      尾ひれを付ける      おぼれる者はわらをもつかむ      思い立ったが吉日      親に目なし      親の心子知らず      親のすねをかじる      親の光は七光      親の欲目      終わり良ければすべて良し      女三人寄ればかしましい      恩を仇で返す
    (28)

諺〜        

諺〜あ行

青菜に塩・・・/言いたいことは明日言え・・・/魚心あれば水心・・・/得手に帆をあげる・・・/老いては子に従え・・・

        

諺〜か行

火事後の釘拾い・・・/聞いて極楽見て地獄・・・/釘付けになる・・・/芸は身を助く・・・/鯉の滝登り・・・

        

諺〜さ行

歳月人を待たず・・・/四角な座敷を丸く掃く・・・/炊臼の夢・・・/せいては事をしそんじる・・・/そうは問屋がおろさぬ・・・

        

諺〜た行

大海の一滴・・・/知恵と力は重荷にならぬ・・・/杖にすがるとも人にすがるな・・・/手があく・・・/峠を越す・・・

        

諺〜な行

内助の功・・・/二階から目薬・・・/ぬかに釘・・・/願ったり叶ったり・・・/残り物には福がある・・・

        

諺〜は行

背水の陣・・・/日暮れて途遠し・・・/笛吹けど踊らず・・・/へそが茶を沸かす・・・/坊主の花かんざし・・・

        

諺〜ま行

魔がさす・・・/ミイラ取りがミイラになる・・・/向かうところ敵なし・・・/名馬にくせあり・・・/餅は餅屋・・・

        

諺〜や行

八百長・・・/憂愁の美・・・/欲と二人づれ・・・

    

諺〜ら行

来年のことを言えば鬼が笑う・・・/理屈と膏薬はどこへでもつく・・・/類は友を呼ぶ・・・/礼も過ぎれば無礼になる・・・/労多くして功少なし・・・

        

諺〜わ行

若い時の辛労は買ってもせよ・・・

いろはがるた(江戸)

いろはがるた(京都)

いろはがるた(大阪)

四字熟語

いろいろ雑学

スポンサーリンク