ことわざ◆諺◆百科★百科HOME>いろはがるた(江戸)

こちらから検索できます↓

ことわざ◆諺◆百科

ことわざ◆百科」では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
短い言葉の中には学ばなければならない知恵や教えがたくさん詰まっています。 ことわざを積極的に使うと、話しや文章が生き生きとした豊かなものになってきます。 皆様の様々な用途に当サイトをご利用いただければと思います。

いろはがるた(江戸)

犬も歩けば棒に当たる
論より証拠
花より団子
憎まれっ子世に憚(はばか)る
骨折り損のくたびれ儲(もう)け
屁をひって尻窄(しりすぼ)める
年寄りの冷や水
塵(ちり)も積もれば山となる
律義者(りちぎもの)の子沢山(こだくさん
盗人(ぬすびと)の昼寝
瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る
老(お)いては子に従え
破鍋(われなべ)に綴蓋(とじぶた) 
癩(かったい)の瘡(かさ)うらみ
葦(よし)の髄(ずい)から天井(てんじょう)覗(のぞ)く
旅は道連れ世は情け
良薬は口に苦し
総領(そうりょう)の甚六(じんろく)
月夜に釜(かま)を抜かれる
念には念を入れよ
泣きっ面(つら)に蜂(はち)
楽あれば苦あり
無理が通れば道理引っ込む
嘘(うそ)から出た真(まこと)
芋の煮えたも御存知ない
喉元(のどもと)過ぎれば暑さを忘れる
鬼(おに)に金棒(かなぼう)
臭(くさ)い物に蓋(ふた)をする
安物買いの銭失(ぜにうしな)い
負けるが勝ち
芸は身を助ける
文(ふみ)はやりたし書く手は持たぬ
子は三界(さんがい)の首っ枷(かせ)
得手(えて)に帆(ほ)を揚(あ)ぐ
亭主(ていしゅ)の好きな赤烏帽子(あかえぼし)
頭隠(かく)して尻隠さず
三遍(さんべん)回って煙草(たばこ)にしょ
聞いて極楽(ごくらく)見て地獄(じごく)
油断大敵(ゆだんたいてき)
目の上の瘤(こぶ
身から出た錆(さび)
知らぬが仏(ほとけ)
縁は異(い)なもの味なもの
貧乏(びんぼう)暇(ひま)なし
門前の小僧(こぞう)習わぬ経(きょう)を読む 
背に腹は代えられぬ
粋(すい)は身を食う
京の夢大阪の夢

ホームへ戻るいろはがるた(大阪)いろはがるた(京都)ページの上へ

50音別メニュー